CNCフライス盤 騒音対策 インシュレータ導入


CNCフライス盤の騒音対策としてインシュレータを入れてみました。その作業記録です。CNCフライスはMDFに遮音材と吸音材を貼った防音ボックスに入れています。しかし、この防音ボックスは防音よりも防塵として役にたっている感じで遮音についてはそれほど効果を感じていません。スピンドルの回転音のような高い周波数の時には効果を感じますが、ステッピングモータの動作音、切削音については微妙です。そこで低い周波数の遮音を目的にインシュレータをCNCフライス盤に入れてみました。

まずは現状の騒音の測定から。iPhoneのアプリで測定しました。IMG_3274IMG_3275
こんな感じで平均で「Automobile」自動車並みとアプリの表示で出ています。

インシュレータですが、タイカのジェルテック SF-50を使いました。
SF-50についてはこちらhttp://www.taica.co.jp/gel/search/product/insulator.html
価格はモノタロウで一個8,906円というものですが、ヤフオクで4個で9000円で購入しました。未使用品だったようです。

IMG_3258
SF-50とそれをフライス盤の下に入れるための鉄材。鉄材は横山テクノさんで購入。メールで見積依頼を出したら速攻で見積もり来ました。型材で丁度良い寸法が無かったので高さ方向を切断してもらいました。その他の加工(穴あけ)なども対応してくれるようです。IMG_3257
青ニス塗って罫書きしてポンチ打って穴あけ。IMG_3259
こんな感じでインシュレータが入ります。IMG_3280
で、ここからが大変なところ。120kgあるCNCフライス盤を持ち上げます。角材で上図のような構造を作ってチェーンブロックで持ち上げました。IMG_3296
持ち上げてゲタを噛ましてます。インシュレータを取付ける鉄材は錆色の錆び止め塗装。

効果の方は測定結果です。周波数スペクトルを見るとピークで70db以上あった物が70以下になってます。200Hz以下の低周波もぐっと下がってます。IMG_3299

音量を測定してみました。こちらで見ると脅威の効果!「Normal Conversation」
自動車並みだった騒音が通常の会話レベルまで下がりました。使っていての主観ですが今迄は明らかに騒音というレベルでしたが、今は動作音がするなというレベル。今迄気にならなかった切削液用のポンプの動作音が気になるぐらいです。IMG_3300インシュレータを入れる前は振動が床に伝わって来ていた感じですが、それが全く無くなりました。設置している場所が2階の洋間(床はフローリング)で今迄は1階に居ると上から機械の動作音が良く聞こえましたが、それもかなり低減されました。めでたし めでたし。