クーラント液用と切子集塵用のノズル


IMG_7963
ブログの更新をさぼってましたが、一応作業は進めています。まとまってから記事にしようとすると書けないものです。今回はクーラント液と切子集塵用のノズルの取り付けです。

ノズルはトラスコのクーラントジョイナーを使います。モノタロウの物でも良かったかもしれませんが商品レビューを見ると問題有りの様なのでトラスコにしました。
クーラント液(切削油)用は1/4のクーラントジョイナー。切子の集塵用には1/2のクーラントジョイナーを選びました。1/4はジョイナーを接続するための工具まで一式でそろえましたが1/2のほうはクーラントジョイナーだけ買って、あとは何とかなるだろうと考えてました。
IMG_7933
で1/2のクーラントジョイナーがこちら。この2本を繋いだ長さが欲しいのです。力をかけるとバチッとはまるのですが手で力をかけたぐらいでははまりません。専用工具がありますが、6000円ぐらいします。一回だけしか使わないのにその金額はもったいなすぎます。そこで工具から作る事にしました。
IMG_7943
まずはアルミ(A2017)を切削してクーラントジョイナーをはまる金具を作ります。
IMG_7944
次にMDFで作った治具に製作した金具を取付けます。MDFを適当に切って、木工用ボンドで固定してあります。軸はM6の長ネジを入れてあるだけです。切削した金具は両面テープで貼付けているだけです。今回はジョイナーをはめればいいだけなので外す事は考えてません。押す方向の力だけを考えてます。
IMG_7946
クーラントジョイナーを上下2つの金具にはめます。
IMG_7947
力をかけます。「バチッ!」と音がしてはまります。
IMG_7950
出来上がりです。このために二日間かかりましたが、6000円の工具を買わずにすんだと思えば上出来です。
IMG_7951
スピンドルモータに固定する金具に取付けます。
IMG_7953
スピンドルモータに取付けた所です。スピンドルモータの端子カバーのネジ穴を使って固定しています。左が切削液用、右が集塵用です。両方を同時に使う事はないと思いますが、不要な場合はノズルを邪魔にならないように曲げておけます。
IMG_7963
集塵ノズルを使って切削している所です。