CNCフライス スピンドルの垂直調整


CNCフライス盤も完成が近くなって来ました。調整項目もこれが最終です。スピンドルとベッドが垂直になるように調整します。スピンドルのコレットにレバー式のダイヤルゲージを加えさせ回転させてベッドとスピンドルの回転軸が垂直になっているか調整します。
IMG_6922
ダイヤルゲージに6mmのピンを固定しピンをスピンドルのコレットチャックにくわえさせています。この測定のためにベッドの上に鉄板を敷いていますが、別のダイヤルゲージで水平がでているか確認済みです。

IMG_6925
スピンドルを手で回しながら360度どの位置でも同じ値になるように調整します。左右方向はネジで調整できます。前後方向はシムを挿んで調整する予定でしたが、シムを挟む必要はありませんでした。

IMG_6926

IMG_6927

IMG_6928
写真は調整途中のものでダイヤルの値がばらついていますが、最終的に±0.01mm以下に収まりました。これで調整はほぼ完了です。後は切子カバーと防音ボックスの仕上げ、切削油の循環システムで完成です。