カテゴリー別アーカイブ: art

機械式時計の輪列は24時間動いていない!


トゥールビヨンの誕生日という事で時計の脱進機についての考察を紹介します。機械式の腕時計はチクタクと動き続けているように見えます。音も連続音で休まずに動いている様に見えます。本当にそうでしょうか?腕時計に使われる脱進機はクラブツース脱進機と呼ばれその心臓部はガンギ、アンクル、振り座、テンプになります。
クラブツース脱進機
続きを読む

作品展示@スパイラル


作品展示を行います。
機械時計をモチーフにした作品を出展します。

IMG_2064 IMG_9834 IMG_9814

EMERGING DIRECTOS’ ART FAIR “ULTRA 006”
「構造景観 Structurescape」

「構造景観」とは、構造(Structure)と景観(Scape)という言葉を合わせた造語。
出品者に共通する要素、高度な構造・技巧・技術。それらによって生まれた作品群が織りなす景観が、大人の好奇心を刺激する。そんな意図から本展のタイトルに込められている。

アーティスト 赤川智洋 藤田朋一 真壁友 丸山祐介
ディレクター 金丸悠児(C-DEPOT)

会期 November Side 2013年11月1日(金) – 4日(月・祝)
時間 11:00 – 20:00
会場 スパイラルガーデン(スパイラル1F)
ウォールNo.02(エスプラナード)
入場料:無料

軽井沢ニューアートミュージアム


軽井沢ニューアートミュージアムに作品を展示しています。
新作を含む8作品を展示しています。

 

軽井沢ニューアートミュージアムはこんな建物。駅からまっすぐの通りに面しています。

 

C-DEPOT selection展

青山健一 天野由美子 大竹美佳

金丸悠児 末宗美香子 杉山治
野口都 真壁友 安川啓太


会期:2012年6月27日(水) – 7月16日(月)
会場:軽井沢ニューアートミュージアム 1Fギャラリー
〒389-0102 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1151-5
tel:0267-46-8691

 

luminous Clock


YouTubeに新作の動画をアップしました。

蓄光材を使った時計です。紫外線LEDを使い回転する蓄光部分に紫外線を照射します。数字の形が光り時を知らせます。数字の形はドットのタイプと7セグLED(デジタル表示)の2つのタイプがあります。

時の輪列


YouTubeに新作の動画をアップしました。

ステッピングモータをクオーツで制御して歯車を回しています。歯車に付けられた目盛で時間が分かります。下から秒、分、時間の歯車が並んでいます。
クオーツ制御なので実用時計としての精度を持った作品です。

時の可視化


2012年 春 新作!! 展示を行います。
展示の詳細はこちら

真壁友・堤岳彦 二人展『機械とデザート』
会期:2012年5月4日(金) – 6月30日(土)

OPEN:金・土・日 / CLOSED:月~木
時間:12:00 – 19:00
会場:C-DEPOT terminal

作家来場日:5/4(金)・5/12(土)
レセプション:5/12(土) 17:00より

[C-DEPOT terminalまでのアクセス]
〒171-0042 東京都豊島区高松1-8-14-1F
tel 03-5926-7160
有楽町線・副都心線「要町駅」3番出口より徒歩4分
http://g.co/maps/azsxt

ご来場を御待ちしてます。

RANDY ART HILLS 2011


東京六本木のカフェRANDYで作品展示を行っています。

RANDY ART HILLS 2011 vol.04 Arts in Motion
「動き」をテーマに様々な視点から製作されたユニークな作品の数々。
アーティスト平原真、真壁友、安川啓太によるグループ展を開催します。

2011.8.20〜9.30までの開催になります。

RANDYについてはこちら

Art Hills Projectについてはこちら

 

壁掛け式の作品。中央の円板がゆっくりと回転し、中にいれたステンレス球が様々な模様を描き出します。

Exhibition C-Depot 2011 gravity


今年の7月に行われた展示を紹介します。
Exhibition C-Depot 2011 gravity
東京 青山のスパイラルでアーティスト集団「C-Depot」のグループ展をおこないました。そのメンバーとして私も出展しました。
私の作品は「宇宙世紀へのカウントダウン」と題したもので、簡単に説明すると巨大な砂時計。砂の代わりにステンレス球をガラス板の中に封じ込め、球が作り出す様々な模様をたのしめます。