カテゴリー別アーカイブ: Arduino

Arduino UNOでインターネット上の情報を取得する


Arduino UNOとESP-WROOM-02を繋いで通信が出来る様になりました。過去記事については以下を参照してください。

Arduino UNO + ESP-WROOM-02(ESP8266)

Arduino UNO + ESP-WROOM-02(ESP8266)

これでhttpサーバから情報を入手する事が出来ますが、そのままwebの情報を読み取るとArduinoのとっては情報が大き過ぎて扱いに困ります。そこで、必要な情報だけを送信するようにPHPを処理を行います。まずは単純なPHPをサーバに設置してテストします。

続きを読む

ESP-WROOM-02とArduino UNOでhttp通信


Arduino UNOとESP-WROOM-02をSoftware Serialで接続します。ESP-WROOM-02は前の記事で9600bpsに通信速度を設定してあります。Software.Serialを使いATコマンドを文字列として送信すれば良いのですが、通信の様々な処理を考えるとライブラリを使った方が楽です。

ITEADLIB_Arduino_WeeESP8266

こちらのページからDownload ZIPでファイルをダウンロードしてきます。

Arduinoのポートは5V、ESP-WROOM-02のポートは3.3Vです。そのため5Vと3.3Vの変換を行うロジックレベルコンバータが必要になります。秋月やスイッチサイエンスで商品としてありますが、できるだけ小さくしたかったのでBSS138を使い自作する事にしました。参考にした回路図はコチラ。感光基板で基板を作成して部品をハンダ付けします。BSS138は秋月で購入。NchチップMOS-FET BSS138

基板はCADを使うまでもないのでAdobe Illustratorで作りました。抵抗は10KΩの2016サイズ。パターンは下図の通りです。PDFを印刷して透明フィルムに印刷して感光基板で作れます。表面実装なので、字が反転しています。基板になった時には正常な向きになります。LVが3.3V、HVが5Vになります。

続きを読む

ESP-WROOM-02の通信速度の設定


前回の記事ESP8266 (ESP-WROOM-02)を使う でESP-WROOM-02とシリアル通信でATコマンドを送りアクセスポイントへのアクセスまで行いました。次にArduinoとの接続を行います。ArduinoとはSoftware Serialで繋ぐ事にします。Arduinoの標準通信ポートはプログラムの時に使うので他のポートでESP-WROOM-02と通信した方がデバッグが簡単になります。しかし、ここで一つ問題があります。ESP-WROOM-02の標準通信速度は115200bpsです。ArduinoのSoftware Serialは115200bpsでは通信出来ないようです。
SoftwareSerial: begin(speed)を見ると115200bpsでも通信できると書いてありますが、試した所できませんでした…

そこで、ESP-WROOM-02の通信速度を9600bpsまで落とします。57600bpsとかでも良さそうですが、ESP-WROOM-02の旧バージョンのFirmwareでは9600bpsだったのでそれに合わせます。

通信速度の設定は以下のコマンドで行います。
AT+UART_DEF=9600,8,1,0,0

スクリーンショット 2015-08-28 19.19.37

続きを読む